読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金昌宏のファッション学

ブログ管理人である金昌宏がファッションの歴史や雑学など色々な情報を発信していきます。

今も進化しつづける目黒の魅力に酔いしれてみたい!

f:id:kimumasahiro88:20170424173412j:plain

・目黒区は交通の利便性がとてもいい

目黒の特徴といえば、目黒川やサンマ祭りを思い浮かべることができますが・・実は交通の利便性も抜群にいいんです。
その象徴といえるのは、2000年9月に開業した東京メトロ南北線目黒駅ではないでしょうか。
この地下鉄駅の開業が何をもたらしたかというと、目黒から都心部へのアクセスがしやすくなったことです。
都心部というのは具体的には四谷、永田町、六本木一丁目などを挙げることができますが、こうした都心部の街々に、東京メトロ南北線を使って目黒からアクセスできるようになったのです。
さらに鉄道だけでなく、車の利便性の良さも見逃すことができません。
目黒区は実際に住んでる方はよくご存知かと思いますが、幹線道路の第一京浜に近い立地でありますし、他にも目黒通り、山手通り、さらには首都高速2号線も利用しやすい環境にあります。
このように目黒区は、交通の利便性がいいという特徴も持っているのです。

・立地最高の駅ビルにあるキャリアブランド!

目黒に来たら目黒川をのんびり散策・・ではなく、素敵なファッションスポットを見つけたい!と思ってる方もおられるかもしれません。
目黒の素敵なファッションスポットなら、アトレ目黒1にの3階にある「アンタイトル」をおすすめします。
ここは立地のいい場所に店を構える、クオリティーの高いキャリアブランドです。
どのぐらい立地がいいかというと、なんとこのブランドが入居するアトレ目黒1は、JR目黒駅の駅ビルなのです。
つまり、目黒駅についたらそこはもう「アンタイトル」だということです。
アイテムのクオリティーの高さについては、百聞は一見にしかずですが、コンテンポラリーベーシックをコンセプトにしたハイセンスで着心地の良さそうなアイテムがたくさん取り揃えてあります。
目黒のファッションスポットならここは絶対に外せません!
機会があったらぜひアトレ目黒1へ・・そして「アンタイトル」に寄ってみてください。

ナチュラルでパーフェクトなスキッパーシャツ

アンタイトルに行くと、毎回のようにハイセンスなシャツを見つけますが、先日もまた見つけてしまいました。
それは、Lanificio Cangioliの生地を使った、ナチュラルな雰囲気のスキッパーシャツです。
この嫌味のないナチュラルさがどこから来るのか・・そう思いながらアイテムを観察していましたが、それがコットン100%から来ることが分かりました。
コットン100%の質感がナチュラルな風合いを作り出し、それでいてなおかつ洗練された雰囲気を醸し出しているのです。
さらに印象的なのがバックタックですが、こちらにはクロス風のデザインが施されていて、ナチュラルさに加えてかっこよさも演出しています。
総合的にバランスがよくて無駄もなく、思わずパーフェクト!と呼びかけたくなる最高のスキッパーシャツですね。

喜びと感動が盛りだくさんな五反田に行ってみよう!

f:id:kimumasahiro88:20170424173002j:plain

・五反田にも池田山公園というお出かけスポットがある!

五反田にはお出かけスポットがない・・!
こんな風に思ってる方もおられるかもしれませんね。
それも無理のないことで、確かに五反田はビジネス街なのでお出かけスポットはそれほど多くはありません。
しかし、まったくないというわけではありません。
例えば、JR五反田駅から徒歩で15分ほど行ったところには、品川区立の「池田山公園」があります。
公園ならどこにでもあるじゃないかと思うかもしれませんが、ここは普通の公園とは少し違いますよ。
なんとなれば、池田山公園は・・公園というより和風庭園なのです。
園内には池を取り囲んでの回遊式庭園が綺麗に整備されており、ツツジアジサイなど季節の花々を観賞することもできます。
もちろん春になれば・・桜で花見をすることもできますよ!
というわけで、五反田は決してビジネスだけの街ではなく、ちゃんとお出かけスポットもあるのです。
五反田中心部のオフィス街の雰囲気もいいですが、一度、池田山公園にも行かれてみてください1

・レミィ五反田に来たら絶対に行っておきたい「ミコア ローリーズファーム

ショッピングで五反田を訪れることがあったら・・ぜひレミィ五反田に足を運んでください。
レミィ五反田はいろいろなジャンルの店が集結している便利な商業施設ですが、ここの4Fにおすすめのファッションブランドがあるんです。
それはローリーズファームの姉妹ブランドで、「ミコア ローリーズファーム」というブランドです。
こちらは・・せっかくレミィ五反田に来たら行っておかないと損する人気ブランドです。
何が魅力的かというと、まるでジャンルフリーのようにいろんなカテゴリーのアイテムが揃っていて、しかも価格が比較的リーズナブルであることです。
仕事用のキレイめからカジュアルテイストまで・・どんなスタイルでも対応できるのが「ミコア ローリーズファーム」の魅力です。
店舗もアクセスのいい場所にありますので、ここはぜひ一度訪れてみてください。

・スタイリッシュなデザインのオックスフォードシューズ

先日、仕事の帰りに何気に「ミコア ローリーズファーム」に立ち寄りました。
シューズを中心に見ていたのですが、一つスタイリッシュなアイテムを見つけてしまいました。
それは・・どこから見ても申し分のない・・SSOXフォードシューズです。
紳士的でスタイリッシュなデザインには品格と知性があり、クセがない分、さまざまなコーデに対応できるのが魅力的な特徴です。
素材は、甲材が合成皮革、底材は合成底となっています。
カラーはホワイトが最もベーシックですが、他にシルバーとブラックもあります。
こういうスタイリッシュな靴を履けば、ファッション全体も安定してくるんでしょうね。
思わずそう確信してしまうような、まったくハズレのないオックスフォードシューズでした。

行けば必ず元気がもらえる五反田の魅力

f:id:kimumasahiro88:20170419130437j:plain

・五反田には安らぎのスポットも多い

五反田に一度も来たことがない人の中には、五反田のことをオフィスビルだらけのビジネス街だと思ってる人もいるかもしれません。
五反田がビジネス街だというのは確かなのですが、しかし、オフィスビルだらけというのは間違っています。
五反田には、ほっと一息ついてリラックスできる、安らぎのスポットもたくさんあります。
例えば五反田駅から徒歩10分のところには、「西五反田公園」があります。
ここは高低差を生かして作られた3層構造の公園で、広さはそれほどでもありませんが、子供から大人まで安らげる憩いのスポットです。
公園内には氷川神社の境内に通じる階段があり、大人の方はここで休憩してから神社に行くということもできますし、子供としては、西五反田公園にある多様な遊具にひたすら没頭するということもできます。
園内の遊具はオーソドックスなブランコ、滑り台、砂場、広場、それに体操遊具まであるので、飽きることはないでしょう。
といった具合に・・ビジネス街の五反田には「西五反田公園」のような安らぎのスポットも数多くあります。

・センスのいい服がいっぱい置いてある「ハニーズ」

五反田はビジネス街だけでなく安らぎのスポットも揃ってると言いましたが、ついでに魅力的なファッションブランドも揃ってます。
例えば、JR五反田駅から8分ほど歩いたところにあるTOC五反田には、「ハニーズ」という人気ブランドが店を構えています。
「ハニーズ」の魅力は、センスと質の高いファッションアイテムが、幅広いラインナップで販売されていることです。
ファッショといえばカジュアルアイテムをイメージしますが、「ハニーズ」にはそういうカジュアルアイテムだけでなく、オフィス向きなアイテムも置いてあります。
さらに、通常のファッションアイテムだけでなく、かばんや靴などファッション雑貨を取り扱っているのも「ハニーズ」の特徴です。
みなさん、五反田にお越しの際はぜひ「ハニーズ」に立ち寄ってみてください。

・柔らかな雰囲気が魅力のVネックプルオーバー

先日、何の気なしに立ち寄ったハニーズで、シンプルなのになぜか惹かれるアイテムを一着見つけました。
それは・・ボーダー&マルチボーダーのVネックプルオーバーです。
デザインもシルエットもオーソドックスな感じで全体にシンプルなんですが、どことなく柔らかな雰囲気に魅力を感じることができます。
その柔らかな雰囲気がどこから出ているのか、注意深く見ていくと、素材が発信源だということが分かりました。
こちらのアイテムで使われている素材はレーヨン混なんですが、このレーヨン混のしなやかな質感がアイテムの柔らかさを演出しているのです。
シンプルだけどトレンド感も出ており、好素材のおかげで着心地も良さそう!
派手さはありませんが全体によくまとまっていて、バランスのいい一着だと思います。

目黒の魅力について本気出して考えてみた

f:id:kimumasahiro88:20170418143921j:plain

・住むメリットが大きい目黒駅の周辺

目黒区はどこに住んでもメリットがありますが、特に目黒駅の近くはいいですね。
何がいいかって、ここに住んでいればあらゆるものが満たされるということです。
例えば、車でどこかに出かけたいと思うときは、すぐ近くの首都高速目黒線を利用することができます。
また電車の場合は、山手線など4路線が入っている目黒駅を利用すればかなり便利です。
買い物や飲食については、駅前に東急ストアやアトレ目黒などの商業施設があるのに加えて、多くの飲食店やショップなどもあります。
健康のため散歩やランニングがしたければ・・すぐ近くの目黒川沿いを活用することができるでしょう。
ここには春になると桜が咲きますので、その美しい風景を楽しみながら散策することもできます。
このように、交通アクセスから買い物事情、風光明媚な景観に至るまで、目黒駅周辺に住むのはとてもメリットのあることです。

・目黒を散策する前に行っておきたい「フィットフィット」

目黒はとても魅力的な街で奥が深いので、ぜひ多くの方にこの街を知っていただきたいと思います。
ところで、目黒を散策する前にぜひ行ってもらいたい店が一つあります。
それはシューズブランドの「フィットフィット」というお店です。
こちらはアトレ目黒という商業施設にある靴ブランドなのですが、高いデザイン性と機能性を備える靴を多く販売しているので、散策のための靴を探すのに最適な店です。
ぜひこの「フィットフィット」を訪れて、自分だけのかっこよくて履きやすい靴を見つけてきてください。
「フィットフィット」で販売されている靴は、どれもメーカーとデザイナーが人間工学と芸術性を駆使したものばかりなので、どれを選んでも必ず納得されるはずです。
加えて、お店の場所がJR目黒駅にあるというアクセスの良さも最高です!

・スリッポン風のスニーカーを見つけた!

今すぐ靴が必要じゃなくても、つい足を運んでしまうのがフィットフィットです。
先週、フィットフィットのスニーカーを見にアトレ目黒店まで行ってきましたが、そこでとても有能なスニーカーを発見することができました。
それは・・エラスティックゴムを使ったスリッポン風スニーカーです。
スリッポン風というのはスリッポンに見えるということではなく、スリッポンのように脱いだり履いたりしやすいスニーカーということです。
なぜスニーカーでそれができるかというと、エラスティックゴムを使っているからです。
この素材にはフィット感が抜群というだけでなく、伸縮性に優れるという特徴もあるのです。
ほんとにすごく柔軟で・・脱ぐのにわざわざ紐をほどく必要もないほどです。
まさしくスリッポン風スニーカーといっていいでしょう!

品川の魅力がますます向上しているようです!

f:id:kimumasahiro88:20170418142029j:plain

・品川には多くの若者も住んでいる!

品川という地名を聞いて、みなさんはどんなイメージを持たれるでしょうか。
それはおそらく、ビジネスマンたちが集まる超高層ビル街・・ではないでしょうか。
そのイメージはまさしく正解で、いかにも品川はそのようなところです。
しかし、ビジネスの街だからといって、品川はおじさん達ばかりが住んでるわけではありません。
それどころか、品川は若者世代が多く住む街なのです!
例えば次のようなデータがあります。
それは、他所から品川に転入してくる人の中で、最も多い世代は20~30歳代だということです。
しかもその割合がものすごくて、なんと全体の7割にも及ぶそうです。
品川といえばなんとなく若者より大人の街だというイメージを持っていた方も多いと思いますが、このデータに示されるとおり、実は若者も多く住んでいるのです。
品川が若者に人気がある理由は、交通や産業の点で利便性が高いこと、古い街も新しい街も両方楽しめること、歴史や文化の蓄積も多いこと、商業エリアが発達していること・・などを挙げることができるでしょう。

・アトレ品川にある人気靴下ブランド「Tabio」

品川に遊びに来る機会があったら、ぜひビジネス街を見学してもらいたいと思いますが、それに加えてぜひ・・アトレ品川にある「Tabio」にも足を運んでもらいたいと思います。
こちらは高品質なアイテムを惜しみなく提供し続ける、人気靴下ブランドです。
靴下なんてどれでもいいという方もおられるかもしれませんが、ちょっと待ってください!
ここ「Tabio」に来れば、本物の靴下と普通の靴下のレベルの違いに驚かされることになります。
それほどハイセンスでハイクオリティーな靴下が、ここ「Tabio」にはたくさんあるのです。
「Tabio」の高品質な靴下がどうやって生み出されているのかといえば・・それは、人間の足と素材と品質を熟知した職人によってです。
そうなんです・・「Tabio」のアイテムはどれも職人による手作りの品なのです。
だからどれを選んでも安心することができるのです。
お店はアトレ品川の2階にありますので、買い物ついでに一度寄ってみてください。

・シンプルなのにセンスがあって飽きが来ないスニーカー用ソックス

Tabioのアイテムは、余分な派手さを抑えてシンプルなセンスで勝負しているところがいいですね。
先日、Tabioのアトレ品川店に行ったのですが、そこでまさしく・・シンプルなセンスで勝負するスニーカー用ソックスを見つけました。
シンプルな色合いと素材感を軽やかにマッチさせているところが味噌なんですが、派手さはないものの、確かなこだわりとセンスを感じさせてくれます。
シンプルなのにオリジナリティーを感じるというのはなかなかありませんが、こちらのアイテムではそれを体感することができます。
ボーダーとリブ畦のコンビネーションはほんとにシンプルとしかいいようがないテイストなんですが、ずっと眺めていても飽きが来ません。
おそらく、長く履けるようにデザインが工夫されているんでしょうね。

高輪の魅力について真剣に考えてみました!

f:id:kimumasahiro88:20170417155136j:plain

・高輪は住む人にとって誇らしい街

港区高輪の特徴といえば、高台があって坂が多いということです。
これだけ聞けば住みづらい街という印象を持つかもしれません。
ところが高輪には、ここに住む人を誇らしく感じさせてくれる要素がたくさんあります。
例えば、高台があるといいましたが、この高台からは品川の街並みやお台場を望むことができ、その眺めは最高です。
昼間の眺めもいいのですが、夜景はさらに明かりが綺麗で、見る人の心をときめかせてくれます。
さらに高輪にはグルメスポットも多く、その中には著名なレストランも含まれています。
街並みは全体的に上品な大人の街という雰囲気で、大使館やホテルなどの瀟洒な建物、大学のキャンパスなどもあり、活気が感じられる街でもあります。
それからこれは紹介しないわけにはいきませんが・・高輪は古い屋敷町でもあります!
いかがですか?こうした数々のメリットを考えれば、坂が多いことなど何のそのでしょう。

・シンプル&オシャレが得意な「ルクールブラン」

電車で高輪に遊びに来る方もおられると思いますが、そういう方には、品川駅高輪口から徒歩1分の場所にある、ウィング高輪に行ってみることをおすめします。
なぜならここには、とても魅力的なファッションブランド「ルクールブラン」があるからです。
シンプルだけどドレッシーなアイテムを着用してみたい・・そう思ってる方におすすめしたいのがこの「ルクールブラン」なのです。
「ルクールブラン」のアイテムは、カジュアルワークウェアがメインですが、ワークウェアというほどお堅いものではなく、シンプルではありますが、随所に上品さとオシャレさを取り入れています。
ナチュラルなテイストをベースにしながら、程よく美しさを織り交ぜていく・・そういうアイテムを提供するのが得意なブランドです。
さらに素晴らしいのが店舗の場所!港区高輪4-10-36のウィング高輪WEST館2Fに店舗がありますが、ここは品川駅高輪口から徒歩でたったの1分です。

・2WAY仕様のニットプルオーバーを見つけた

先日、大好きなルクールブランに遊びに行きました。
春物を物色していたところ、シンプルな2WAY仕様のニットプルオーバーを見つけました。
シルエットもデザインもシンプルで派手さはありませんが、2WAYで着用できるところがとても魅力的です。
2WAYというのは裏返しに着れるというのではなく、前後を変えて着用できるということです。
前後で深めの襟ぐりとUネットとそれぞれ違っていて、これを気分に合わせてチェンジすることによって、一着のアイテムでバックスタイルを変えて着ることができるのです!
他に、伸びのいいリブニットの肌触りの良さと着回しの良さも魅力ポイントです。
シンプルなのにエレガント、着回しがよくて機能的だなんて・・パーフェクトとしかいいようがありませんね。

恵比寿ならではの魅力を一挙大公開!

f:id:kimumasahiro88:20170417153026j:plain

・東京を楽しむための拠点にできる恵比寿について

東京に住みながら東京を満喫するのに・・恵比寿ほど最適な街はないかもしれませんね。
なぜなら恵比寿という街は、周りを人気の街に囲まれていて、なおかつ交通アクセスも抜群にいいからです。
周囲を取り囲む人気の街というと、銀座や上野、六本木に池袋、新宿、渋谷、横浜といった具合です。
恵比寿はこういう人気の街に囲まれるように位置しているため、恵比寿に住んで拠点にすれば、東京の人気スポットに気軽に足を運ぶことができます。
その足を支えるのが交通機関ですが、恵比寿駅には各方面にアクセスするための路線が走っています。
JR山手線と湘南新宿ラインは言うに及ばず、複数の路線が走る埼京線東京メトロ日比谷線もあります。
というわけで、便利な交通アクセスで東京を満喫したい方には、恵比寿に住むことをお勧めします。
もちろん・・恵比寿自体にも素晴らしいスポットや観光地があり、ここだけでも十分に東京を楽しむことができますよ!

・イタリア発のアイウェアブランド「マックスアンドコー」

恵比寿から近くの街に出かけるというのもありですが・・恵比寿の中にある素敵な百貨店で買い物を楽しむのも一興です。
例えば、恵比寿4-20-23には恵比寿三越本館があり、ここには行くと素晴らしいファッションブランドに出会うことができます。
そのブランドとは・・創業31年目を迎えたイタリアのファッションブランド「マックスアンドコー」です。
こちらはアイウェアやアクセサリーで定評のあるブランドですが、センスがよくて質の高い商品ばかり揃えているので、恵比寿三越に遊びに来た方はぜひ寄ってみてください。
アイウェア、アクセサリー、メガネフレームなどはどれも間違いありませんが、コートやジャケットなど普通のファッションウェアも置いてありますので、こちらも注目です。

・一流生地を使ったジャージーブレザー

マックスアンドコーはアイウェアブランドとしても知られていますが、ジャケットにもいい物がありますね。
先日、都内にあるマックスアンドコーに足を運んだのですが、そこでとてもセンスのいいジャカードジャージーブレザーを見つけました。
センスがいいというより、粋がいい!という感じで、マックスアンドコーらしさを全快させた一着でした。
特に注目したのはデザインと素材です。
デザインについては、隠しスナップボタンを使って襟を留める仕様になっていること、そしお尻が隠れるほど長い着丈です。
素材に関しては、これぞ一流といった感じの高品質な生地が使用されていますが、この高品質生地は、専門生地メーカーが作ったとのことです。
とにもかくにもマックスアンドコーらしい本物のジャケットにお目にかかることができ、幸せでした。