読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金昌宏のファッション学

ブログ管理人である金昌宏がファッションの歴史や雑学など色々な情報を発信していきます。

永遠にマイブームな高輪について

f:id:kimumasahiro88:20170303164705j:plain

・高輪が江戸の要所だったことを教えてくれる建物や遺跡

自分の港区高輪に対するイメージは、これまで漠然としたものしかありませんでした。
唯一、はっきりしていたのは八ツ山や御殿山などの高級住宅街ですが、それ以外となるとからっきしで・・何も知りませんでした。
ところが高輪について勉強していくうちに、いろいろなことが分かってきました。
例えばこのエリアは、歴史的に重要な役割を果たしてきた街だったということです。
そのことを如実に示しているのは、今も高輪に残されている歴史的な建物や遺跡です。
日本で初めてイギリス公使館が設置された「東禅寺」や、赤穂浪士で有名な「泉岳寺」、かつての江戸と東海道を結んだ交通遺跡「高輪大木戸跡」など・・こうした歴史的に貴重な建物や遺跡が今も高輪に残されているのです。
こうしたことから分かるのは、高輪という街が江戸の要所としての役割を果たしていたということです。

・ウィング高輪にあるおすすめファッションブランド「ルクールブラン」

高輪の買い物スポットでおすすめの場所はウィング高輪ですが、このうち特にWEST館2Fにある「ルクールブラン」は超一押しです。
なぜなら、ここで提供されているファッションアイテムは素晴らしいものばかりだからです。
テイストはフレンチなものが目立ちますが、どれもこれも自然体に着用できるものばかりで、ハイグレードな品質と素材を保ちながら、気軽に着れるカジュアルワークウェアを御提供・・という感じです。
とにかくここでしか味わえない香りと雰囲気がありますので、ぜひ訪れてみみてください。
ちなみにお店の場所は東京都港区高輪4-10-36、ウィング高輪WEST館の2階です。
ウィング高輪には施設が二つあり、WEST館とEAST館がありますので、間違わないように注意して行かれてください。

ジャガード柄が美しい上品なニットセーター

ルクールブランのアイテムは、一目で大好きになれるものばかりです。
先日もウィング高輪店で物色していたところ、ルクールブランのアイテムに一目惚れしてしまいました。
それは何かというと、心地よく目を惹くジャガード柄のニットセーターです。
特に注目したのは素材なんですが、上品で柔らかいモヘア糸が使われていました。
このため仕立てがとても美しく柔らかで、ジャガード柄の魅力がよりいっそう引き立つ形になっています。
着丈が気持ち長めにとってあるので、コーディネートがしやすいというのもプラスポイントです。
おそらくこちらのアイテムは、オンオフ関係なく活躍することができるでしょう。